日本の行事に欠かせないお盆

日本には年間を通して様々な行事が行われてています。日本の行事には古くから伝えられている伝統的な行事のものから、近年から取りいれられるようになった新しい行事のものまで様々あります。

「お盆」は前者の方で、日本では古くから伝えられている伝統行事の一つなのです。一般的には「お盆(おぼん)」と呼ばれていますが、実はお盆の正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」という言い方がが正しい名称となっています。

その「盂蘭盆会(うらぼんえ)」の略称形が「お盆」なのですが、略称形の呼び方の方が世間に浸透されるようになり、一般的に「お盆」と呼ばれるようになりました。「お盆」とは、基本的にご先祖や亡くなった方の霊を祀る行事やその期間の事を言います。

日本ではお盆の行事やお盆を行う時期、または期間がそれぞれの地域の風習などによって異なる事があります。お盆の行事を行う期間は、旧暦の7月15日を中心にした期間に行う地域や新暦の7月13日から7月16日の期間に行う地域、または新暦の月遅れの8月13日から8月16日の期間に行う地域など様々です。

元々お盆は旧暦の7月15日を中心にした期間に行われる事が多かったようですが、現在では新暦の7月13日から15日、または新暦の月遅れの8月13日から8月15日の期間に行われる事が多いようです。その中でも、8月13日から8月15日の期間に行われるのが一般的となってきています。

一般的にお盆の期間はご先祖や亡くなった方の霊が帰ってくるとされていますので、多くの方がお墓参りをする為に帰省します。ですので、この時期はお盆の為に地方に帰省する方が多く、様々な交通機関で帰省ラッシュが巻き起こり大変な混雑が見られます。

沖縄県では現在でも旧暦の7月15日を中心にお盆が行われていますので、毎年お盆の日程が異なっておりその為、帰省する際に全国の一般的な帰省ラッシュとかち合う事なく基本的にはスムーズに帰省する事ができます。

また、お盆の正式名称でもあります「盂蘭盆会(うらぼんえ)」とはインドから中央アジアの方で呼ばれていた「サンスクリット語」のウラバンナからきているとされており、日本では平安時代や鎌倉時代の頃から「盂蘭盆会」が広がりをみせてきたようです。

時代は進み江戸時代の頃になると「盂蘭盆会」は民間行事の一つとして一般的に行われるようになりました。その際、「盆礼」という親戚や知人などにお米や麦粉、素麺などを贈答する習慣があったそうです。

現在でもお盆の時期になりますと、親戚やお世話になった方に心を込めたモノを贈答する「お中元」という習慣がありますが、もしかすると「盆礼」からきているのかもしれませんね。

何百年も前から行われている日本の民間行事が現在でも毎年当たり前のように取り行われ、受け継がれているという事実はとても素晴らしい事だと思います。これから先もずっと時代を超えて受け継がれていってほしいですね。